関西電力健康保険組合
もどる トップページ サイトマップ
メニュー
健康保険組合のご案内
健康保険ガイド

健康保険のしくみ・しごと
健康保険に加入する人
被保険者証(保険証)
高齢受給者証など
保険料
健康保険の給付
退職後の医療保険
こんなときの手続きは
保健事業のご案内

データヘルス計画
人間ドック助成制度
特定健康診査・特定保健指導
婦人科健診助成制度
在宅(郵送)がん健診
禁煙外来治療補助
歯科健診(無料)
電話健康相談(無料)
スポーツクラブ利用補助
ジェネリック医薬品利用促進
届け出・申請書一覧
けんぽQ&A
介護保険ガイド
個人情報保護に関する基本方針
リンク集
サイトマップ
一部のコンテンツには下記のプラグインが必要です。アイコンをクリックしダウンロードしてください。
アクロバットリーダー
退職後の医療保険 > 退職後の健康保険
 
退職すると被保険者の資格は退職日の翌日に失われ、他の医療保険制度への加入が必要となります。

退職後に加入する健康保険

退職後は下図のいずれかの健康保険に加入することになります。


退職したときの手続き

退職後5日以内に保険証(被保険者証、高齢受給者証など)を当健康保険組合へ返納してください。退職後、当健康保険組合の任意継続被保険者とならない場合は、給付金を振込するための、「承諾書」の提出が必要となります。


被保険者証(保険証)、高齢受給者証など

承諾書 記入例

任意継続被保険者の資格取得の手続き

退職の日まで継続して2ヶ月以上被保険者期間があれば、本人の希望により2年間は引き続き任意継続被保険者として健康保険に加入することができます。

 被保険者資格を喪失した日から20日以内に、「健康保険任意継続資格取得申請書」と「預金口座振替依頼書(口座振替を希望される方のみ)」を健康保険組合必着で提出ください。

※「任意継続被保険者証」は、原則、退職した会社の事業主から「資格喪失の届出」を受領後、かつ初月保険料入金確認後、ご自宅へお送りいたします。

※保険料の納付方法を「前納制」にされた場合、「納付期限」が任意継続被保険者資格取得日(退職日の翌日)の当月末日となるため、資格取得申請書を提出された時期によっては、前納の申し出に添えない事があります。


(なお、発行までの間で、被保険者証がないために、医療費の全額を立て替えることとなった場合は、「こんな時の手続き」→「立て替え払いをしたとき」を参照下さい。)

健康保険任意継続被保険者資格取得申請書 記入例
  (添付書類)
  預金口座振替依頼書 記入例

任意継続被保険者の保険料

任意継続被保険者の保険料は、本人が退職したときの標準報酬月額か、当健康保険組合全被保険者の平均標準報酬月額(前年9月30日現在の平均額)のうち、いずれか低い額に当健康保険組合の保険料率をかけた額となります。
なお、事業主負担がないため、保険料(40歳以上65歳未満の人は介護保険料を併せて)は全額自己負担となります。{具体的な金額等については、退職時の事業主、もしくは、関西電力健康保険組合にお問い合わせください。}
また、保険料額は保険料率等の変更があれば毎年度4月分をもって変更となります。

豆知識
  任意継続保険料は退職時点の収入で決定されますので、退職後の収入がなくても保険料の見直しはありません。
一方、国民健康保険料は前年の所得額を基に計算されますので、退職時点より収入が減少した2年目は任意継続保険料より安くなる可能性があります。

保険料の納付方法および納付期日

 納付方法は、任意継続資格取得時に申請した銀行口座より毎月自動引き落としとなります。振替に係る手数料は105円(税込)/回で、保険料に上乗せして引き落とします。

納付日(振替日)は、毎月10日です。
(例)4月分保険料 → 4月10日振替 ※10日が休日、祝日の場合は翌営業日に振替となります。

 ただし、口座振替の手続きには期間を要するため、初月保険料については、納付書をお送りいたしますので、納付書に記載の期日までに健康保険組合の指定口座へお振込みください。(振込手数料は個人でご負担願います。)
 初回振替は原則として資格取得月の翌月分保険料からとなります。

※手続きの状況によっては、資格取得月の翌月・翌々月の2カ月分合計保険料の引き落としとなる場合があります。

(例)4月1日に資格取得された方 ・4月分保険料を4月20日までに振込
・5月分保険料を5月10日に振替


〜ご注意〜
・納付期日までに初月保険料の振込が確認できなかった場合は、任意継続の資格取得はできません。
・預金残高不足や口座解約などにより振替できなかった場合は、法に基づき納付日の翌日で資格喪失となります。資格喪失後は理由の如何に関わらず、任意継続被保険者資格の再取得はできません。

※この口座振替業務については、株式会社クリアパス(関西電力グループ)が取り扱います。
※やむを得ない事情により口座振替での納付ができない場合は、当健康保険組合にお問い合わせください。


任意継続被保険者資格がなくなるとき

次の事由に該当したときは資格を失い、以降保険証は使用できませんので、ご注意ください。
(1)任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
(2)再就職をして他の健康保険の被保険者となったとき
(3)任意継続被保険者が死亡したとき
(4)保険料の納付がない(振替できなかった)とき
(5)後期高齢者医療制度の被保険者となったとき

任意継続被保険者をやめるとき

 

健康保険の資格喪失証明書等が必要なとき

 

死亡したとき



もどる トップページ 上へ
関西電力健康保険組合