関西電力健康保険組合
もどる トップページ サイトマップ
メニュー
健康保険組合のご案内
健康保険ガイド

健康保険のしくみ・しごと
健康保険に加入する人
被保険者証(保険証)
高齢受給者証など
保険料
健康保険の給付
退職後の医療保険
こんなときの手続きは
保健事業のご案内

データヘルス計画
人間ドック助成制度
特定健康診査・特定保健指導
婦人科健診助成制度
在宅(郵送)がん健診
禁煙外来治療補助
歯科健診(無料)
電話健康相談(無料)
スポーツクラブ利用補助
ジェネリック医薬品利用促進
届け出・申請書一覧
けんぽQ&A
介護保険ガイド
個人情報保護に関する基本方針
リンク集
サイトマップ
一部のコンテンツには下記のプラグインが必要です。アイコンをクリックしダウンロードしてください。
アクロバットリーダー
特定健康診査・特定保健指導
 

 40歳から75歳の被保険者・被扶養者を対象に メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善を目的とした特定健康診査・特定保健指導の実施が、健康保険組合など医療保険者に義務づけられています。
 ご自身のためにも、また、ご家族のためにも、この機会に、メタボリックシンドローム対策に一緒に取り組みましょう!


毎年4月1日現在、関西電力健康保険組合に加入している方で、実施年度内(4月1日〜翌年3月31日)に40歳〜74歳になる被保険者・被扶養者※実施年度中に75歳になる方は、誕生日を迎える前までが対象
※ただし、右記の方は対象外となります。
メタボリックシンドロームは生活習慣病や動脈硬化を招く大きな要因。
これを見つけて、その状態から脱出していただくことが最大の目的です。
内臓脂肪の蓄積状況を見るために、腹囲測定などがプラスされ、メタボリックシンドロームが強く疑われる人や予備群の減少をめざして、生活習慣改善を必要とする人を的確に選び出すための特定健康診査項目が導入されています。
特定健康診査結果や質問票から、メタボリックシンドローム判定特定保健指導のレベル分け(階層化)が行われます。生活習慣病の発症リスクが高く生活習慣の改善による効果が期待できる方には、リスクに応じて「動機づけ支援」「積極的支援」に分けられ、それぞれのコースに従って、専門家より生活改善アドバイスを受けていただくことになります。

 なお、平成30年度から、第2期データヘルス計画がスタートしており、そのスタートに合わせて、特定健康診査・特定保健指導は第3期に入っています。
 第3期特定健康診査等実施計画の期間は、平成30年度から平成35年の6年間で実施され、第2期と大きな変更点はなく、国が定めたルールに則った計画となっています。具体的な内容については、下記リンクを参照ください。

第3期特定健康診査等実施計画




特定健康診査のながれ


被保険者被扶養者任意継続被保険者特定健康診査Q&A


特定保健指導のながれ

 特定保健指導は、特定健康診査の結果からご自身の健康状態を自覚し、生活習慣改善のための目標を立て、その目標に向かって自主的な取り組みを行うことができるように、支援を行います。



被保険者被扶養者任意継続被保険者特定保健指導Q&A

 


もどる トップページ 上へ

関西電力健康保険組合