関西電力健康保険組合
もどる トップページ サイトマップ
メニュー
健康保険組合のご案内
健康保険ガイド

健康保険のしくみ・しごと
健康保険に加入する人
被保険者証(保険証)
高齢受給者証など
保険料
健康保険の給付
退職後の医療保険
こんなときの手続きは
保健事業のご案内

データヘルス計画
人間ドック助成制度
特定健康診査・特定保健指導
婦人科健診助成制度
在宅(郵送)がん健診
禁煙外来治療補助
歯科健診(無料)
電話健康相談(無料)
スポーツクラブ利用補助
ジェネリック医薬品利用促進
届け出・申請書一覧
けんぽQ&A
介護保険ガイド
個人情報保護に関する基本方針
リンク集
サイトマップ
一部のコンテンツには下記のプラグインが必要です。アイコンをクリックしダウンロードしてください。
アクロバットリーダー
こんなときの手続きは > 病気やけがをしたときの給付と負担
 

外来・入院とも3割(小学校就学前(※1)までは2割)を自己負担

健康保険で医者にかかる場合は、必ず保険証を持参して診療を受けることになっています。このとき医療費の3割相当額(小学校就学前(※1)までは2割)と、入院時の食事に要する標準負担額を支払うだけで、残りの医療費は健康保険組合が負担します。
つまり、被保険者にとっては診療という現物の給付を受けるわけです。このように保険証を持参して受ける現物給付を療養の給付といいます。

法定給付
  健康保険の給付 自己負担
外来
入院
小学校
就学後
総医療費の7割 3 割
小学校
就学前
(※1)
総医療費の8割 2 割
入院時の食事代 食事代総額 ─ 標準負担額 入院時の食事に要する標準負担額
一般 460円/1食(1日3食まで)

(※1)6歳に達する日以降の最初の3月31日以前
※健康保険に加入する70歳以上の被保険者・被扶養者の給付・自己負担については、こちらを参照してください。

70歳以上の高齢者が病気やけがをしたとき



健康保険でかかれないとき

自己負担が高額になったとき

関電病院・関西電力の健康管理室で受診した際の自己負担金は、原則として診療の3ヵ月後に給与から控除されます。(任意継続被保険者を除く)

もどる トップページ 上へ
関西電力健康保険組合