関西電力健康保険組合
もどる トップページ サイトマップ
メニュー
健康保険組合のご案内
健康保険ガイド

健康保険のしくみ・しごと
健康保険に加入する人
被保険者証(保険証)
高齢受給者証など
保険料
健康保険の給付
退職後の医療保険
こんなときの手続きは
保健事業のご案内

データヘルス計画
人間ドック助成制度
特定健康診査・特定保健指導
婦人科健診助成制度
在宅(郵送)がん健診
禁煙外来治療補助
歯科健診(無料)
電話健康相談(無料)
スポーツクラブ利用補助
ジェネリック医薬品利用促進
届け出・申請書一覧
けんぽQ&A
介護保険ガイド
個人情報保護に関する基本方針
リンク集
サイトマップ
一部のコンテンツには下記のプラグインが必要です。アイコンをクリックしダウンロードしてください。
アクロバットリーダー
こんなときの手続きは > 死亡したとき
 


本人・家族の死亡に埋葬料


被保険者や被扶養者が死亡したときには、埋葬料(費)・家族埋葬料として給付が受けられます。
ただし、被保険者が業務上(仕事中)や通勤途上において死亡した場合は、労災保険から埋葬料が支給されますので、健康保険の埋葬料は支給されません。

法定給付
被保険者の
死亡
被保険者によって生計を維持されていた遺族が埋葬を行った場合 埋葬料 一律50,000円を埋葬を行った者に支給
生計維持関係にある人がいない場合 埋葬費 50,000円の範囲内で埋葬に要した費用を埋葬を行った者に支給
被扶養者の死亡 家族埋葬料 一律50,000円を被保険者に支給

死亡したときの手続き

埋葬料(費)をご請求される場合の必要書類をご案内します。

(被保険者が死亡したとき)
埋葬料(費)請求書 記入例
  (添付書類)
  埋葬許可書(写)
  火葬許可書(写)
  死亡診断書(写)
  死体検案書(写)
    ※いずれか1つで可(ただし、請求書に事業主の証明がある場合は不要)
※埋葬費の請求の場合は、死亡証明のほかに埋葬にかかった費用の領収書および領収書明細書を添付してください。
  健康保険被保険者証
     なお、事実確認のため上記以外の書類を提出していただく場合もありますので、ご了承ください。詳しくは、各事業所の健保担当箇所または当健康保険組合にお問い合わせください。

退職後の継続給付(資格喪失後3ヶ月以内に死亡したとき)

 

健康保険の資格喪失証明書等が必要なとき



(被扶養者である家族が死亡したとき)
家族埋葬料請求書 記入例
  (添付書類)
  埋葬許可書(写)
  火葬許可書(写)
  死亡診断書(写)
  死体検案書(写)
※いずれか1つで可(請求書に市町村長の証明がある場合は不要)
  健康保険被扶養者(異動)届 記入例
  (添付書類)
  埋葬許可書(写)
  火葬許可書(写)
  死亡診断書(写)
  死体検案書(写)
  住民票(除票の記載があるもの)
※いずれか1つで可(請求書に市町村長の証明がある場合は不要)
※ただし、家族埋葬料請求書と同時に提出し、同請求書に添付(証明)がある場合は不要
  健康保険被保険者証
     なお、事実確認のため上記以外の書類を提出していただく場合もありますので、ご了承ください。詳しくは、各事業所の健保担当箇所または当健康保険組合にお問い合わせください。


「被保険者によって生計を維持されていた遺族」とは?

埋葬料の支給を受けられる「本人によって生計を維持されていた遺族」とは、被扶養者の範囲に限られません。本人の死亡の当時、その収入によって生計を維持されていた人であれば、同一世帯に属していなくても、さらには親族関係がなくてもよいとされています。


埋葬費の場合の「埋葬に要した費用」とは?

埋葬に直接要した実費額であり、火葬または埋葬料、葬式の際の霊柩車代、霊前への供物代および僧侶への謝礼などが含まれます。


自殺の場合・死産のとき

自殺の場合でも埋葬料・家族埋葬料は支給されます。
死産のときは、被扶養者とはなりえないため家族埋葬料は支給されません。ただし、胎児がいったん生まれたあと数分後に死亡したような場合には、その親はその間、扶養義務を負い被扶養者として認定されることから支給されます。

もどる トップページ 上へ

関西電力健康保険組合